社長の部屋

社長コラム

厳しい自由

今日も、弊社社員は北見に現場があり、朝6時前に出て行った。長距離だけに事故が無いように一声掛けて、私なりに、パンと缶コーヒーを持たせて送り出す。 どんなに忙しくても、事故、怪我の無い事を御願いする。先日だったか…

→ つづきを読む
update:2012.09.15
社長コラム

育てる、三つの要素

「社長らしく、チャンとブログを書いて、社長の考えをみんな(社員)に伝えないとダメだ」と、ある者から言われた。ハイ…正にそのとおりですね。 唯一のコミュニケーションを時間が無いなどと、おろそかにしてはいけない。社長…

→ つづきを読む
update:2012.08.03
社長コラム

ノミと蜂

やっと追いついて来たが…今週もチョット多忙かも。やや消化不良(能力以上の仕事量)ぎみだが、息抜きにブログを更新する。 消化不良という表現はマイナスイメージだが、能力のある者には、溢れんばかりの仕事を与えた方がいい…

→ つづきを読む
update:2012.05.28
社長コラム

経営者冥利

今年の大雪と凍害で、過去に施工したお客様のアフターと手直しが多くあった。そんな中、一週間ほど前に2人の社員が手直しをしてきたお客様の所にお伺いしたところ。 いきなり「社長のとこの従業員いったいどうなってんの?」と…

→ つづきを読む
update:2012.05.21
社長コラム

震災から一年、5つの「K」

その日は、中国にいた。ホテルで日本の震災のニュースを見て、何度も電話をしたが繋がらず、やっと繋がって安堵した。 しかし、帰国後、原発の問題から被害の大きさが明るみになるに従って、居たたまりのない思いと不安に…

→ つづきを読む
update:2012.03.11
メディア掲載

北海道新聞掲載

北海道新聞さんの「人」のコーナーで紹介されました。

→ つづきを読む
update:2011.10.28
社長コラム

シ・ゴ・ト

社長が言う「お前ら〜チャント仕事しろよ」(まあ〜この様な言い方は、私は殆どありませんが)社員は「チャント仕事しています」と思っている。 しかし、仕事、しごと、って「シゴト」には4つある。正に四事だ…

→ つづきを読む
update:2011.05.11
社長コラム

群れず、頼らず。

ある雑誌に「日本画家の堀文子さん」の話を紹介していた。堀さんは1918年生まれ、幼いとき関東大震災に遭った。 その時「人生では誰にも頼れない。苦境は自分でのりこえないと」と身にしみた。以来そのように生きてきた…

→ つづきを読む
update:2011.04.13
社長コラム

情報汚染

原発の問題は一日でも早く終息してと、神に祈る気持ちで一杯です。福島原発30キロ圏内に自主退避警告が出ているが、今だ圏内に住んでいる住民も多くいる。 もし自分もその立場であるならば、どのような判断をしていかなければ…

→ つづきを読む
update:2011.03.26
社長コラム

朝礼のあり方

我社の朝礼のあり方について。

→ つづきを読む
<< 前の10件 次の10件 >>

PAGE TOP