環境への取り組み

環境への取り組み_間伐材利用と植林

LCA(Life Cycle Assessment)の取り組み

弊社では昨今の大きな問題である地球温暖化について、木製の材料(間伐材の有効利用)を使用することが、 アルミや鉄で製品を作るよりもCO2の排出量が少ないのではないかと考えました。
そこで、弊社で製造・販売・レンタルをしている安全掲示板について、アルミ製と木製にてLCA(Life Cycle Assessment)に取り組みました。
その結果、木製掲示板の方が、アルミ製掲示板に対し、地球温暖化に対する優位性が高い(CO2排出量が少ない)ことが判明しました。

LCA(ライフサイクルアセスメント)とは
製品の原材料調達から、生産、流通、使用、廃棄に至るまでのライフサイクルにおける投入資源、 環境負荷及びそれらによる地球や生態系への潜在的な環境影響を定量的に評価する手法です。

植林システム導入

この結果を受け、弊社ではCO2排出量の少ない、木製安全掲示板を含む木製商品の販売・レンタルに力を入れてきました。 また、使用する木材(一部)には間伐材を使用し、森林保全にも積極的に取り組んでいます。

さらに、製造する木製品の一部に『植林ポイント』を付与し、お客様が取得されたポイント分を、弊社が代行して植林を行う、植林システム をつくりました。 この『植林システム』導入により、これまでなかなか環境対策に取り組めずにいた企業様にも、 弊社の木製品を選んで頂くことで、植林という形で環境に貢献できるようになり、大変好評を博しております。

このように弊社では『間伐材の有効利用』と『植林』という、両面から環境対策に取り組んでおり、この取り組みは、各方面にて評価されております。

エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞受賞

第7回 エコプロダクツ大賞
“エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞” 受賞

第7回エコプロダクツ大賞のサービス部門で、弊社の『植林システム』が優秀賞にあたる 「エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞」を受賞しました。

詳細ページへリンク
update:2010.12.09
NETIS登録

NETISに認定登録

弊社のビジネスモデルである『植林システム』が、木製安全掲示板で国土交通省の認定登録を受けました。
・NETIS登録番号:HK-100017-V(※2014年「V」に登録)
・新技術活用ランキングで 二年連続上位20位にランクイン

詳細ページへリンク
update:2016.03.09

ゼストシステム 地球温暖化防止への取り組み

植林イメージ


もし個人が植林しようと考えても、なかなか出来るものではありません。
人間一人が植えられる本数には限りがありますが、私達は行動に移し、取り組んでいくことが、大切な第一歩だと考えています。
ゼストシステムでは企業コンプライアンスを重視し、全員で取り組みをしていきます。

メディア掲載 | Media

2010/07/29_北海道建設新聞掲載

北海道建設新聞掲載

date:2010.07.29
2009/08/26_北海道建設新聞掲載

北海道建設新聞掲載

date:2009.08.26
2008/05/29_北海道建設新聞掲載

北海道建設新聞掲載

date:2008.05.29

PAGE TOP