防災体験ツアー2014

3月8日、関東営業所にて社会的知識向上委員会の企画による、「防災体験ツアー」に行ってきました。
場所は「池袋防災館」。インストラクターさんの案内のもと、消火、煙、地震コーナー、の三つを体験してきました。

池袋防災館

池袋防災館

インストラクターが案内するツアー方式の防災体験。
体験を通じて防災に対する正しい知識を学ぶことができる施設です。

〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-37-8 TEL 03-3590-6565
池袋防災館HP|http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-ikbskan/index.html

詳細ページへリンク

1.消火体験

大型スクリーンに映し出される炎に向かって、実際に消火器を使い消火活動を体験しました。
インストラクターさんのお話によると、出火原因上位三つは、
第3位「コンロ」、第2位「たばこ」、そして、第1位は「放火」なんだそうです。


2.煙体験

煙の性質を学んだ後、煙の中で出口を探しながら避難する体験をしました。


3.地震体験

地震の時に必要な行動を学び、その後、関東大震災や東日本大震災の揺れを体験しました。
見ているよりも、実際に体験している時の方が、時間が長く感じました。


最後に

日頃からの意識・危険予知により、災害を未然に防ぐこと。また、起きてしまった災害に対し、どれだけ冷静に動けるか、ということを学びました。
ツアーでは体験コーナーのほかに、三年前の東日本大震災の映像も見ました。
復興に向けて前向きな映像も増えてきたなか、久しぶりに見る震災直後の生々しい映像に、 胸が痛むのと同時に、少しはっとさせられました。あの日起きた出来事、地震・津波の恐ろしさ。決して忘れてはならないということを、あらためて実感させられました。
今回の体験ツアーをもとに、今後は営業所内での防災・避難訓練も実施していきたいと思います。

PAGE TOP