2016新入社員フォローアップ研修会 〜 若手社員代表 〜

2016新入社員フォローアップ研修会

2016新入社員フォローアップ研修会

「2016新入社員フォローアップ研修会」が開催され、弊社社員が若手社員代表として出席しました。 冒頭のパネルディスカッションで、先輩社員として自身の気持ち、経験をパネルディスカッションで伝えています。 自身の葛藤と成長を振り返る絶好の機会に、市内企業から多くの新入社員が参加していました。

主催|一般社団法人北海道中小企業家同友会 道北あさひかさ支部

井出 優菜

★1.あなたが自信を持ってやっている自分の仕事はなんですか。

井出|普段は工事看板の仕事ですが、まれにパンフレットやその他一般向けの看板など、学院や仕事で学んだデザイン力を活かせる仕事と任せて頂いたときは、 良いものに仕上げようという気持ちと自信を持って取り組んでいます。


★2.あなたの悩みや課題はどのようなことですか。

井出|工事のことに詳しくないため、用語など覚えておく必要があると感じ始めました。今後分からない用語など調べながら、知識としてしていきたいです。 また、ミスをほぼ完全に無くしていくことも大きな課題です。


★3.あなたの悩みや課題を「自分なり」に解決するには、どのようにすればいいでしょうか。

井出|後輩に教えるようになり、自分自身のミスが減ってきました。新人の頃の心構えを忘れず、新人への注意は自分への注意と思いつつ、 ミスの傾向(こういう場合はミスする・こうするとミスになる)が見えてきて、気を付けられるようになってきたので、この調子でミスをもっと減らしていきたいです。


★4.研修会に参加して、どのように感じましたか。またはこれからの決意を教えてください。

井出|一昨年もパネラーとして参加させて頂いており、今年は三年目のパネラーとして参加させて頂けたことを大変うれしく思います。 新人の方々は、休日にも仕事の反省や悩みを持ち越しているそうで、熱心でありながら責任感も感じられました。つらくない程度に割り切って頑張って欲しいと思いました。


★5.今回の研修会について「もっとこうしたらいい」と思うことがあれば教えてください。

井出|パネラーと新人社員の方々との間で、質問コーナーなどがあっても良かったのかなと思いました。(時間の都合があるとは思いますが。)


PAGE TOP